「総入れ歯」と「部分入れ歯」の違いとは?

〇総入れ歯

総入れ歯とは、名前の通り、全ての歯を入れ歯にすること。患者様ご自身の歯が1本も残っていない場合、総入れ歯(総義歯)による治療となります。健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのもののみになりますが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。

〇部分入れ歯

部分入れ歯とは、名前の通り部分的に入れ歯にしていくこと。抜歯などの後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に図のように「バネ(クラスプ)」をかけて安定させる治療法です。1本だけ失った場合でも、1本しか歯が残っていない場合でも可能な治療法です。

部分入れ歯

保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯のみになりますが、保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプのものがあります。

torus_charcter_4

患者様に合った入れ歯

入れ歯にも様々な種類があります。患者様にあった入れ歯をお探しします。

〇プラスチックによる入れ歯 保険適用

プラスチックでできた入れ歯で、プラスチックの種類により、レジン床義歯とより強度のあるスルフォン床義歯があります。保険が適用されるため、経済的ですが、保険診療では材質・形態などに制限があります。

false-tooth001

【メリット】
・健康保険が適用でき、経済的
・調整が容易にできる

【デメリット】
・精度を高く作るのが難しく、安定して噛めない
・口の中の違和感が大きい
・割れたり変形しやすく、耐久性が低い
・上あごの場合、食べ物の熱が伝わらない
・厚みがあり、慣れにくい
・使用期間により臭いが強くなっていく事がある

〇金属による入れ歯 保険適用外

金属でできた入れ歯で、保険の適用外になりますが、プラスチックに比べ強度があり、薄くできているため違和感も発音障害もなく、食べ物の味や温度もよく感じ取ることができます。また、精密につくられるため、粘膜への吸着性も優れており、口の中にしっかりと固定されて良く噛むことができます。

false-tooth002

【メリット】
・温度が伝わり、温かい食べ物冷たい食べ物が感じられる
・口の中が広くなるため、話しやすく、食べやすい
・歯茎にフィットするので使い心地がいい
・見た目が自然で入れ歯とわかりにくい

【デメリット】
・保険適用外
・金属を使用するため、金属アレルギーの原因になる場合がある(その場合、アレルギー検査の上、問題のない金属を使用します)

〇磁性アタッチメント 保険適用外

入れ歯を付ける際に、入れ歯が外れたりしないように歯根に「磁性金属」を取り付け、入れ歯に「小型磁石」を埋め込み、磁石の吸着力により入れ歯の安定を得ることができます。磁性アタッチメントを使用した義歯の利点は、金属のバネのように歯を倒す為害(いがい)作用がないため、残っている歯への負担が軽く、十分な維持力を持ち合わせていることです。

false-tooth012

【メリット】
・装着・取り外しは簡単にできる
・強い磁石の力でつけるため、フィット感が高い
・お手入れが簡単
・強い力で噛むことができる

 

【デメリット】
・磁石を組み込むために入れ歯を削るため、その部分が割れやすくなる
・保険適用外

〇バネを使わない入れ歯 保険適用外

従来の入れ歯と全く異なり、金属のバネのない、ノンクラスプデンチャーともいわれる新素材の入れ歯です。新素材の義歯用樹脂を使うことで、超弾性が得られ、薄く軽く作成することができ、今までの入れ歯のような装着時の違和感も少なくなった入れ歯です。義歯に弾性があるため、固い義歯で粘膜が耐えられない患者さんにも使うことが可能です。

aesthetic025

【メリット】
・バネがないため、入れ歯と気づかれにくい
・違和感が少なく、装着感もよい
・チタンやコバルトクロムに比べ安価

 

【デメリット】
・定期的に作り変える必要がある
・保険適用外

※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。