そもそも審美歯科とは?

審美歯科とは、より美しく健康な歯を作ることにより、健康的で美しい笑顔を作ることを目的とした治療です。審美歯科では、見せかけだけではなく、歯科医学をベースとし、健康美を目標にして、知識と技術を結集し、総合的な歯の健康、美しい笑顔、そして健康的な精神を得ることを目的として治療を行います。

character_dirt

患者様おひとりおひとりに合った治療

虫歯などで欠けてしまった歯、たばこや飲食などで汚れた歯、虫歯治療の詰め物など、お悩みにあった施術を行います。

《欠けた歯に被せる被せもの》

◆レジン前装冠 保険適用

レジン前装冠とは、プラスチックの差し歯のこと。永年使用していると、唾液を吸収し、変色したり磨り減ってしまうことがあります。前歯の舌側(裏側)は全て金属で製作し、奥歯については補強する金属の使用が保険では認められていません。

◆ハイブリッド 保険適用外

正式には「ハイブリッド・セラミックス」といい、セラミックスという名前が付いていますが、強化したプラスチックのこと。セラミックに比べ価格は経済的ですが、セラミックほど自然な色調にはなりませんし、歯垢も付きやすい材料で、強度もセラミックには劣ります。しかし、奥歯も金属の見えないように白くできるので、主に奥歯によく用いられる治療法になります。

◆メタルボンドクラウン 保険適用外

被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、内側を金属で補強したものを使用する。審美歯科治療。すべてセラミック素材(陶器材料)でできているオールセラミックと違い、歯を作る際の土台に金属を使用しているため、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ち。奥歯やブリッジなどの強度が求められる部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

メタルボンド
◆オールセラミッククラウン 保険適用外

オールセラミッククラウンは前歯に使用します。金属をまったく使用しないため、光の透過が人の歯とほとんど変わらず、自然な歯を再現することができます。非常に見た目が良いのが特徴ですが、値段が高く割れやすいと言う欠点もあります。

オールセラミック

《漂白》

漂白とは、歯のホワイトニングのことをいいます。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと歯科医院で器具を作ってもらい自宅で行うホームホワイトニングがあります。元々の被せものに色があるもの、銀歯などは白くなりませんのであらかじめ、ご了承ください。

〇ホームホワイトニング 保険適用外

ホームホワイトニングとは、名前の通り、ご自宅でご自身でできるホワイトニングです。ご自分専用の薄型のトレーにブリーチング・ジェルを塗布し寝ている間にはめて歯を白くすることができます。

ブリーチ
〇オフィスホワイトニング 保険適用外

オフィスホワイトニングとは、歯医者で漂白するホワイトニングです。虫歯予防や歯のクリーニングにも行われる方法です。薬剤を塗り、光を当てる方法です。

《詰め物》

◆ハイブリッドインレー 保険適用外

ハイブレッドインレーは、セラミックの透明感とプラスチックの粘り強さを適度にあわせもった素材で、奥歯の詰め物には最適です。適度な硬さと粘り強さを兼ね備えており、唾液の吸収が少なく変色、口臭の心配が少ないことなどが挙げられます。

◆コンポジットレジン 保険適用

コンポジットレジンは、プラスチックの詰め物で前歯のみならず、奥歯にも使われ、金属もまったく使用しないため、光の透過が人の歯とほとんど変わらず、自然な歯が再現できます。また歯を削る量が少ないなど、様々な利点があります。場合によっては保険適用外になることもございます。

tooth-decay006
※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。