きれいな歯並びの作り方

こんにちは。
舞岡駅より徒歩約2分、
お口の健康サポート「宮尾歯科医院」です。

歯並びには乳幼児からの生活習慣が大きく影響します。
きれいな歯並びにするために、周りの大人が気をつけてあげましょう。

【0歳から2歳で気をつけること】

○授乳は、できるだけ母乳で
赤ちゃんが母乳を吸う行為は、「噛む」「吸い込む」など口の機能発達の基礎となります。

○指しゃぶり、おしゃぶりは3歳になるまではOK
指を吸う、おもちゃをくわえるなどの遊びは、お口や下の機能の発達を促す大切な行動です。

○あおむけに寝かせましょう
うつぶせ寝は、顎(あご)に負担がかかり、正しくない歯並びや噛み合わせの原因になります。

○離乳食は乳歯の萌出(ほうしゅつ)に合わせたものを薄味で

【3歳から5歳で気をつけること】

○指しゃぶり、おしゃぶりは中止
歯並びやかみ合わせに影響を与えるため、3歳を過ぎたらやめさせましょう。

○口を閉じ、左右の奥歯で均等に噛んで食べる
左右どちらかでばかり噛んでいるとバランスが崩れ、歯列不正の原因となります。
なるべく左右均等に噛むようにしましょう。

○よくかんで食べる
ひと口30回かんで食べるのが理想。

○食事中の姿勢に注意
食事中は背筋をのばして、足の裏は床や踏み台につけましょう。
足をブラブラさせていると姿勢が不安定になり、力が入らずバランスが崩れます。

○ほお杖をつかない
ほお杖が癖になると顎の歪みを招きます。

 

最後に記事に記載したことを気をつけることで正しい歯並び、正しいかみ合わせに近づきます。
歯並び、噛み合わせは顎の柔らかい年齢のこの時期が大事になります。
心配だなと思ったら当院へお気軽にご相談ください。

お口の健康サポートは当院へお任せください!

宮尾歯科医院

休診日:木曜・日曜・祝日

〒244-0813
神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2955

ご予約はこちら
TEL:045-823-5668

関連記事

  1. 冬のオーラルケア

  2. 先生のリアルな声をお届け〜第3弾〜

  3. むし歯にならないために

  4. 審美歯科って知っていますか?

  5. 季節の変わり目にオーラルチェックを!

  6. 当院のこだわりをご紹介①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。

過去の投稿