歯周病、手遅れになる前に

こんにちは。
舞岡駅より徒歩約2分、
お口の健康サポート「宮尾歯科医院」です。

一番怖い歯の病気を知っていますか?
皆様の中で一番怖いのは、むし歯だと思われている方が多いのではないでしょうか?

実は、それは間違いです。
子どもと大人共通で、一番怖い歯の病気は、ダントツで歯周病、次にむし歯です。

歯周病は、どんな病気?

プラーク(歯垢)が原因で歯茎の腫れ、出血に始まり、
歯がグラグラになって最後には抜けてしまう恐れのある、怖い歯の病気です。

では、歯周病の予防にはどのようにしたらよいでしょうか?

・ちゃんと毎日歯みがきをしているから大丈夫。
・入れ歯だから私は大丈夫。

すべて間違いです。
毎日の歯みがきをしていても、磨き方が良くなければ歯周病を発症しているかもしれません。

むし歯はないから大丈夫と思っている方もいるかもしれません。
しかし、むし歯はなくても歯周病になっている可能性があります。

歯周病予防に一番良いのが、定期健診です。

むし歯がない方、治療が終わった方には
6か月おきに歯の定期検診のお呼びかけをしております。

歯周病は、進行は止めることはできても修復することができませんので、
早めの受診が大事になります。

そして、下記の症状が1つでも当てはまる方は、すぐにでも受診をしてください。

~歯周病の症状~

  • 口臭が気になる。
  • 口の中がネバネバする。
  • 歯茎が赤、紫色になる。
  • 歯がグラグラする。
  • 歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
  • 糖尿病にかかっている。
  • 硬い物を噛むと痛い。
  • 歯の表面にプラーク(歯垢)が付着している。
  • 歯肉が赤くなり、腫れ・出血が起こりやすくなる。(歯肉炎)

上記の症状がみられる場合は、かなり進行している状態です。
何度も言いますが、すぐに受診してください。

 

お口の健康サポートは当院へお任せください!

宮尾歯科医院

休診日:木曜・日曜・祝日

〒244-0813
神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2955

ご予約はこちら
TEL:045-823-5668

 

関連記事

  1. 歯みがき後のゆすぎは何回していますか?

  2. お口の定期健診はお済みですか?

  3. 実は怖い歯周病のお話

  4. ”キレイ”が続くオーラルケア:審美歯科治療

  5. ブラッシングの基礎知識(歯ブラシ編)

  6. 妊娠時のお口ケア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。

過去の投稿