歯の外傷時の処置方法

こんにちは。
舞岡駅より徒歩約2分、
お口の健康サポート「宮尾歯科医院」です。

歯の外傷が多いのは小児年代が一番多いと言われています。
他の体の部位と比べても発生頻度が高く、事後の影響も残りやすいのです。

歯の外傷時は、歯の破折歯肉から出血が伴うため
お子さんも保護者の方も気が動転しがちですが、
適切な応急処置と症状に応じた対処が必要となります。

そして、早めの対応が治療の将来的な状態に影響するので
痛みの症状がない場合でも、歯医者で受診してください。

症状が軽いからといって、そのままにしているお子さんが多いのですが、
その後しばらくして歯が変色したり、歯肉が腫れることがよくあります。

また、乳歯の場合は後から生えてくる永久歯に影響を与えることがありますから、
生え変わりまで定期的にチェックして、
痛めた歯の状態と次の永久歯の生え方を長期観察していく必要があります。

【応急処置の基本】

(1) 吐き気、めまいがあるとき(頭部の外傷が疑われる場合)
頭痛や吐き気、めまい、嘔吐など見られる場合は、子どもの意識状態や反応を確認して
歯科治療よりも先に専門医(脳外科などを)受診してください。

(2) 歯肉から出血、歯がグラグラして位置がずれた
まず止血→うがいや湿らせたガーゼで出血部位をきれいにする
→清潔なガーゼなどで出血部位を抑えて止血する
歯肉が切れていたり、歯根が折れていたり
歯の位置がずれていることが多いので早めに歯医者へ受診。

(3) 歯が欠けたら
欠け方にもよりますが、軽度の場合は様子を見てから歯医者へ受診。
大きく欠けた場合は、神経まで達していることが多くありますので
放置すると痛みが出たり、神経が死んでしまいますので、歯医者を受診してください。

(4) 歯が欠け落ちた(歯の脱落)
歯が抜け落ちた場合、条件が良ければ歯を元の位置に植え直すことができます。
できれば受傷後30分以内に処置をることが望ましいです。
抜け落ちた歯を「歯の保存液」か「牛乳」につけるか、ラップに包んで、
できるだけ早く歯医者へ受診してください。

(1) 以外は、すぐに当院へお越しください。
状態によっては時間が勝負になりますし、小児年代の場合は
永久歯の生え方にも影響が出てきますので、そのことを頭の片隅に置いておいてください。

お口の健康サポートは当院へお任せください!

宮尾歯科医院

休診日:木曜・日曜・祝日

〒244-0813
神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2955

ご予約はこちら
TEL:045-823-5668

関連記事

  1. タイムマネージメントを大切にされている方へ

  2. 審美歯科で印象アップ!

  3. 食べる楽しさはお口の健康から

  4. かまぼこと歯型採りの関係

  5. むし歯にならないために

  6. 当院のこだわりをご紹介②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。

過去の投稿