歯のトラブル時の応急処置②

こんにちは。
舞岡駅より徒歩約2分、
お口の健康サポート「宮尾歯科医院」です。

この年末年始は、どこも長期にお休みが多いかと思います。
そんな時に限って、お口の中が急に痛み出してくることもあるかと思いますので、
前回に引き続きお口のトラブル「こんなときどうしたら良いの?」
パート2をご紹介します。

〇噛むと痛い・歯が浮く
1、歯を支える組織(歯ぐき、根っこの周りの骨)が炎症を起こしている。(歯周病)
2、歯の神経が死んでいるケースや、すでに神経を取っている歯の周りの線維に
炎症を起こしているケース。(歯根膜炎など)
3、歯にひびが入ったり、折れたりして炎症を起こしているケース。
4、特定の歯だけが反対側とぶつかっているケース。

【対処法】
1~3までは痛み止めの薬が効くことがあります。
ただし化膿止め(抗菌剤)を一緒に飲まないと効かない場合があります。

4は、痛みがひどくなることがありますので、できるだけ噛み合わせず
痛い歯を使わないようにしてください。
歯医者が診察開始したら早めに受診してください。

〇詰め物、被せ物が取れた・飲み込んだ
1、新しい虫歯ができたケース
2、物を噛んで詰め物・被せ物が取れた
3、詰め物・被せ物を飲み込んでしまったケース

【対処法】
1、2は放っておくとひどくなるので、歯医者が診療始めたら早めに受診してください。
3は、すぐに歯医者に連絡してください。
呼吸に異常を感じる場合は、すぐに耳鼻咽喉科に受診してください。

年末年始に向けてお知らせしております。
地域の緊急・夜間診療の連絡先を準備しておいてください。

お口の健康サポートは当院へお任せください!

宮尾歯科医院

休診日:木曜・日曜・祝日

〒244-0813
神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2955

ご予約はこちら
TEL:045-823-5668

関連記事

  1. 子どもの歯の健康は、まず大人から

  2. 楽しい夏休みの前に、むし歯治療しましょう!

  3. 患者様から口コミをいただきました①

  4. 素材による違い:詰め物編

  5. 歯と口に関する言い伝え

  6. 患者様から口コミをいただきました②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。

過去の投稿