妊娠時のお口ケア

こんにちは。
舞岡駅より徒歩約2分、
お口の健康サポート「宮尾歯科医院」です。

「妊娠をすると赤ちゃんに栄養が行き、むし歯になりやすい」
というようなことを良く聞きますが、全くそんなことはありません。

それは、つわりによってお口のケアが困難に加えて、
赤ちゃんの発育に応じた食事の回数の増加と
それに応じた口腔ケアの不足からなるものなのです。

妊娠によってむし歯や歯周病のリスクが高くなりますが、
適切な口腔ケアによって予防することが可能です。

 

本日は、「妊娠時にみられやすい歯やお口の問題とその対応」をいくつかご紹介します。

【歯やお口の問題】
1、 歯肉に腫れや出血がある。
2、 冷たいものや熱いものが歯にしみる。
3、 歯や歯肉に痛みがある。
4、 唾液に粘り気を感じる。
5、 気分が悪く歯磨きができない。
6、 食事回数が増えて歯垢が溜まりやすく感じる。

【妊娠期の歯、お口の健康リスク】
妊娠期は女性ホルモンが急激に増加する事で、歯周病菌が増殖しやすくなります。
唾液の粘性が高まり口腔の自浄が低下しやすく、歯肉の炎症や出血が起こりやすくなります。

「つわり」による食嗜好の変化による歯磨きの困難、
お腹の赤ちゃんの発育による食事回数の増加と口腔ケアのの不足しがちが原因で
口腔環境の悪化して、虫歯や歯周疾患のリスクが高くなります。

【対策】
・食事や間食の回数が増えるのでこまめな歯磨きやうがいをしましょう。
・「つわり」の時には、できるだけ気分が良い時に歯を磨きましょう。
磨けない時は、ブクブクゆすぎましょう。また、ヘッドの小さな歯ブラシを使うのも良いです。
・食嗜好も変わりますので、できる限り糖分の多い食製品や酸性食品を
だらだら食べることは控えましょう。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのために色々と変化が伴い、
口腔ケアがなかなか思うようにいかないものです。
口腔ケアのことでお悩みの時は、いつでも当院へご相談ください。

お口の健康サポートは当院へお任せください!

宮尾歯科医院

休診日:木曜・日曜・祝日

〒244-0813
神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2955

ご予約はこちら
TEL:045-823-5668

 

関連記事

  1. 怖いお口の病気 その2

  2. タイムマネージメントを大切にされている方へ

  3. 歯と口に関する言い伝え

  4. 審美歯科って知っていますか?

  5. お口から見直そう、あなたの健康を。

  6. 審美歯科をご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。

過去の投稿