ブラッシングの基礎知識(磨き方編、その他)

こんにちは。
舞岡駅より徒歩約2分、
お口の健康サポート「宮尾歯科医院」です。

前回は、ブラッシングの基礎知識の導入として「歯ブラシ編」をお送りしました。
本日は「磨き方編」について。
お口のトラブルの中でも2大トラブルである「むし歯」「歯周病」予防に
クローズアップしてお届けします。

【むし歯予防】
・奥歯の噛む面の溝に歯ブラシの毛先を当て小刻みに振動を与えるように動かす。
・歯の表と裏側に歯ブラシの毛先を直角に当て往復運動する。
・歯と歯の間にデンダルフロスを使用する。

【ブラッシングのポイント】
ムシ歯になりやすいところは、奥歯の噛む面と歯と歯の間なので、
歯ブラシにプラスしてデンタルフロスを併用することで防ぐことができます。

【歯周病予防】
・歯の表側の磨き方は、歯と歯肉の境に歯ブラシの毛先を45度になるように当て
弱い力で振動を与える。
・奥歯の裏の磨き方は、歯と歯肉の境に歯ブラシの毛先を45度になるように当て
弱い力で振動を与え、前歯の裏側は歯ブラシを縦に使う。
・歯と歯の間は、歯間ブラシを使う。

【ブラッシングのポイント】
歯周病は、歯と歯肉の溝から進行します。
ですので歯ブラシが歯肉に届いているかを鏡などを使って
、確認しながら歯間ブラシを合わせて使用してみてください。

【磨き残しがある所】
上顎、下顎の裏側は、磨き残しが多い所です。注意してください。

【歯ブラシの持ち方】
・ペングリップ
鉛筆を持つ要領で細かく磨けて大人向けな持ち方
・パームグリップ
ブラッシング圧が強く、主に子どもがよく持つ形。

【歯ブラシの交換目安】
通常の歯ブラシ交換は、1ヶ月が最適ですが、長くても3ヶ月に1回は交換してください。
毛先が開いた歯ブラシは、歯垢除去が低下します。

文字では伝わりにくいことがあります。
この記事を見ていただいて、ブラッシングについてご質問がありましたら、
ご遠慮なく当院へご相談ください。

お口の健康サポートは当院へお任せください!

宮尾歯科医院

休診日:木曜・日曜・祝日

〒244-0813
神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2955

ご予約はこちら
TEL:045-823-5668

関連記事

  1. お口から見直そう、あなたの健康を。

  2. 大事な歯をお預かりするからこそ、、、

  3. 昔のむし歯よけ

  4. かまぼこと歯型採りの関係

  5. 食習慣でむし歯を予防する

  6. 歯周病で歯を失わないために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。

過去の投稿