怖いお口の病気

こんにちは。
舞岡駅より徒歩約2分、
お口の健康サポート「宮尾歯科医院」です。

お口の中で怖い病気があります。皆さんはご存知ですか?
むし歯より怖い病気、それは「歯周病」です。

【歯周病はどんな病気】
プラーク(歯垢)が原因で歯茎が腫れ・出血に始まり、
最終的には歯がグラグラになり、抜けてしまいます。
そして、自覚症状が現れた頃には、かなり進行した状態でむし歯より怖い病気です。

(豆知識)
プラークって何?・・・歯に付着している粘着性の沈着物で、
非常に多くの細菌とその生産物から構成されています。
食べカスや糖分などを栄養としています。

【歯周病の症状例】
・口臭がするようになる。
・口の中がネバネバする。
・歯茎(歯肉)が赤、紫色になる。
・歯がグラグラする。
・歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
・糖尿病にかかっている。
・硬いものを噛むと痛い
・歯の表面にプラークが付着している。
・歯肉が赤くなり腫れ、出血が起こりやすい。

上記のような症状が見られたら、かなり歯周病が進行している状態と考えられます。
そして、歯周病は進行すればするほど治療が困難になりますし、長い時間の治療を要します。

少しでも違和感を感じたらすぐに歯医者へ!
歯周病を防ぐ唯一の方法は、定期的な歯の健康診断を受けることです。

お口の健康サポートは当院へお任せください!

宮尾歯科医院

休診日:木曜・日曜・祝日

〒244-0813
神奈川県横浜市戸塚区舞岡町2955

ご予約はこちら
TEL:045-823-5668

関連記事

  1. 子どもの歯の健康は、まず大人から

  2. 審美歯科治療の種類

  3. 歯の”健康診断”を受けませんか?

  4. 「食べる喜び」を味わうために

  5. ブラッシングの基礎知識(磨き方編、その他)

  6. 40代、50代からは歯周病ケアを忘れずに。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

※休診日:木曜・日曜日・祝日

・「舞岡駅」より徒歩2分
・専用駐車場有り
※祝日のある週の木曜日は、診療いたします。

過去の投稿